削らない虫歯治療

  • ホーム
  • 削らない虫歯治療(ドッグベストセメント)

見出しが入ります。

薬で治すむし歯治療 【ドックベストセメント】

「ドックベストセメント」とは、むし歯を殺菌することによって治療する方法(薬)です。アメリカで開発されたこの治療法は、ADA(アメリカ歯科医師会)において、安全な治療法であるとして認可され、アメリカでは一般的に取り入れられています。従来の治療法と違い、ほとんど歯を削らないため麻酔の必要もありません。

お子様にも安心な天然ミネラルが主成分

ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛等の天然ミネラルを主成分につくられています。血液中に含まれる銅イオンのもつ抗菌力とミネラル成分の力でむし歯を治療し、健康な歯をつくります。
薬とは言ってもいわゆる抗生物質とは異なるものであるため、副作用も少なく、削らずに治療するため痛みも少なく治療できるというメリットがあります。また、ドックベストセメントを使用した歯には永続的な殺菌効果があるのも魅力の一つです。

このような方は是非!
  • できるだけ歯や神経を残したい…
  • むし歯の治療後に痛みが出だしたことがある…
  • 何度もむし歯治療を繰り返しており、もううんざりしている…

一般的なむし歯治療とドックベストセメントの違い

通常のむし歯治療
むし歯の部分をドリルで全て削り取り、樹脂等でふたをします。また、むし歯が神経まで達している場合は神経を全て取って神経の代わりにゴムの詰め物をいれます。

ドックベストセメントを使用した治療
むし歯の部分を削らずに、ドックベストセメントでふたをします。また、むし歯が神経まで達している場合でも、神経を残したまま、ドックベストセメントを使用し治療します。
ドックベストセメントのメリット
  • 歯や神経を削ることがないため、痛みが少ない。
  • 永続的な殺菌効果があるため、治療後の再発を防いでくれる。
  • 治療回数が少ない(2~3回)。
  • 天然ミネラルを主成分とするため、アレルギーや副作用の心配が少ない。
ドックベストセメントのデメリット
  • 自費治療となるため、やや割高となる。
  • 治療した歯の新しい箇所に、むし歯ができる可能性がある。
  • 定期的な歯科検診が不可欠となる。

ドックベストセメント治療の流れ

  • 洗浄・消毒

    むし歯に付いているプラーク等の汚れを高濃度次亜水で洗浄・消毒する。

  • 塗布

    むし歯を意図的に残し、その部分にドックベストセメントを塗布する。

  • 埋め込み

    ドックベストセメントが固まったのを確認し、その上に詰め物をする。

  • 術後検査

    約1年後、むし歯がきちんと治っているかを確認し、もう1度詰め物をする。

診療のご予約・お問い合せはこちら0797-22-2300

芦屋MA歯科・矯正歯科
芦屋市松ノ内町2番3 エウルビル102

診療時間
09:30~15:00 × ×

休診日:土曜、日曜、祝日

<