削らない虫歯治療

  • ホーム
  • 削らない虫歯治療(ドッグベストセメント)

見出しが入ります。

むし歯にならない健康な歯を作るにどうすればよいのでしょうか。最重要なのは自宅でのブラッシングです。また、ブラッシングの他に歯のプロフェッショナルである歯医者さんでの歯垢除去等のプロケアを行うことで、さらにむし歯を防ぎ、健康な歯を作ることができます。

そして、ブラッシングだけでなく、デンタルフロス等の歯間をお掃除するアイテムや、フッ素が配合された歯磨き粉を使うなど、歯ブラシ以外のアイテムも積極的に取り入れて使用していく事が、むし歯にならない健康な歯を作る為に大切です。

むし歯を作ったりむし歯の穴を深く大きくしたりするむし歯菌には、ミュータンス菌とラクトバチルス菌があります。ミュータンス菌は、炭水化物であるご飯やパン、麺類や糖類である砂糖が使われた甘いお菓子や清涼飲料水に含まれる糖分から作られます。また、ラクトバチルス菌は乳酸菌であるため、ヨーグルトやチーズなどに多く含まれます。このように、身近なところにむし歯を作るメカニズムがあるため、食生活を心がける事もむし歯予防にとって重要となります。

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるのか?

フッ素には健康な歯を作るのを助ける作用があります。むし歯や歯周病のもととなるものに、プラークと歯石があります。プラークとは、歯の表面に付着している細菌と代謝物のかたまりです。歯石とは、プラークが石灰化したもので、主に歯と歯ぐきの間につく灰白色の石のような硬いかたまりです。

プラークは物を食べる事で歯に付着します。付着したプラークは約2日で歯石となります。その後、歯石にプラークが付着して、むし歯や歯周病のもととなります。それを防ぐのがフッ素です。フッ素は、プラークの原因となる酸の生成を抑えたり、溶けだした歯のカルシウムの再石灰化を促進したり、歯を酸に強い歯質へと改善することができます。

年に2~4回ほどのフッ素塗布を歯医者で受けることで、むし歯を予防することができると言われています。歯医者で受けられるフッ素塗布には、主に3種類あります。1つ目は、歯面塗布法です。これは、歯に1本ずつフッ素を塗っていく方法です。2つ目はトレー法です。これは、マウスピースにフッ素を入れたものを3分~4分噛んだ状態で、歯に浸透させる方法です。3つ目はイオン導入法です。トレー法に電流を流してフッ素の定着効果を上げる方法です。フッ素は毒性が強く危険な成分なので、信頼のおける歯医者で治療を施すことをお勧めします。

見出しが入ります

むし歯治療後こそ、自宅でのデンタルケアが重要となります。むし歯を削り、つめ物(インレー)やかぶせ物(クラウン)をしても数ヶ月~20年後に再び、むし歯ができてしまうことがあります。「歯医者さんに通い、むし歯の治療をしたのにまたか…」と嘆く方も多くおられますが、むし歯は歯医者さんで一度治療したからと言って、再発しないという事はないのです。

だからこそ、治療を施した歯に対して、むし歯の再発防止の為のデンタルケアを行う必要があります。一度治療した歯には、インレーやクラウンのすき間に歯垢が入らないようにするためのブラッシングが大事です。また、治療後の歯はむし歯の無かった状態の歯よりも弱くてもろくなっており、日ごろのデンタルケアを怠ると、むし歯再発のリスクを高めるため、注意が必要です。

見出しが入ります

一般的に、硬質レジンなどのプラスチックのつめ物で3年、プラスチックや金属のつめ物で5年、そして金属のかぶせ物で7年と言われています。(統計結果より)歯医者さんでのむし歯治療をお考えの皆様には、保険適用の保険診療か、保険適用外の自費診療をお選び頂くことができます。

保険診療にて使用される「金銀パラジウム合金」や一般的に「銀歯」と呼ばれる金属は、自費診療にて使用される「ゴールド」等の金属と比較して、使用できる期間にそれほど大きな差はありません。もっとも、自費診療にて用いられる「ゴールド」等の金属の方が伸ばし広げやすく、より皆様の歯に合った治療を施せます。しかし、保険診療にて用いられる「銀歯」等の金属でも、歯の型を正確に取り製作すれば、使用可能期間を超えても使用できるという場合も少なからずあります。

薬で治すむし歯治療 【ドックベストセメント】

「ドックベストセメント」とは、むし歯を殺菌することによって治療する方法(薬)です。アメリカで開発されたこの治療法は、ADA(アメリカ歯科医師会)において、安全な治療法であるとして認可され、アメリカでは一般的に取り入れられています。従来の治療法と違い、ほとんど歯を削らないため麻酔の必要もありません。

お子様にも安心な天然ミネラルが主成分

ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛等の天然ミネラルを主成分につくられています。血液中に含まれる銅イオンのもつ抗菌力とミネラル成分の力でむし歯を治療し、健康な歯をつくります。
薬とは言ってもいわゆる抗生物質とは異なるものであるため、副作用も少なく、削らずに治療するため痛みも少なく治療できるというメリットがあります。また、ドックベストセメントを使用した歯には永続的な殺菌効果があるのも魅力の一つです。

このような方は是非!
  • できるだけ歯や神経を残したい…
  • むし歯の治療後に痛みが出だしたことがある…
  • 何度もむし歯治療を繰り返しており、もううんざりしている…

一般的なむし歯治療とドックベストセメントの違い

通常のむし歯治療
むし歯の部分をドリルで全て削り取り、樹脂等でふたをします。また、むし歯が神経まで達している場合は神経を全て取って神経の代わりにゴムの詰め物をいれます。

ドックベストセメントを使用した治療
むし歯の部分を削らずに、ドックベストセメントでふたをします。また、むし歯が神経まで達している場合でも、神経を残したまま、ドックベストセメントを使用し治療します。
ドックベストセメントのメリット
  • 歯や神経を削ることがないため、痛みが少ない。
  • 永続的な殺菌効果があるため、治療後の再発を防いでくれる。
  • 治療回数が少ない(2~3回)。
  • 天然ミネラルを主成分とするため、アレルギーや副作用の心配が少ない。
ドックベストセメントのデメリット
  • 自費治療となるため、やや割高となる。
  • 治療した歯の新しい箇所に、むし歯ができる可能性がある。
  • 定期的な歯科検診が不可欠となる。

ドックベストセメント治療の流れ

  • 洗浄・消毒

    むし歯に付いているプラーク等の汚れを高濃度次亜水で洗浄・消毒する。

  • 塗布

    むし歯を意図的に残し、その部分にドックベストセメントを塗布する。

  • 埋め込み

    ドックベストセメントが固まったのを確認し、その上に詰め物をする。

  • 術後検査

    約1年後、むし歯がきちんと治っているかを確認し、もう1度詰め物をする。

診療のご予約・お問い合せはこちら0797-22-2300

芦屋MA歯科・矯正歯科
芦屋市松ノ内町2番3 エウルビル102

診療時間
09:30~14:00 × ×

休診日:土曜、日曜、祝日

<