セラミック治療

見出しが入ります。

白く輝く歯は生き生きとした笑顔と表情を作り出します。でもお口の中に銀歯があると笑顔に自信が持てず、会話などを楽しめないことはありませんか?銀歯があるため口元にコンプレックスをお持ちの方は、セラミック治療がお勧めです。
セラミックは白く透明感がある素材で、口元を美しく見せてくれます。このセラミック治療とはどんな治療法なのかわかりやすくご説明いたします。

セラミック治療とは?

セラミックは一般的に陶器などで使われる白い素材であり、セラミック治療とは歯科治療においてセラミック素材の詰め物や被せ物を使った治療法です。保険適用治療の詰め物や被せ物はプラスチック素材および金属を使った素材が使われますが、その中でも金属素材を使った詰め物や被せ物は一般的に「銀歯」と呼ばれています。

保険治療は治療費が安価であることがメリットですが、それ以上にデメリットが多い治療法でもあります。いっぽうセラミック治療は保険適用外の治療ですが、なんと言っても透明感のある美しさが最大の特徴です。それ以外にも機能面と予防面をも兼ね備えている優れた治療法です。

セラミック治療の特徴について

セラミックは審美性と機能面、そして予防面においてもとても優れた特徴を持っています。ではセラミックはどんな特徴があるのか、保険適用素材と比較しながら具体的にご紹介します。


審美性に優れている

セラミック治療の最大の特徴は、審美性に優れていることです。白く透明感のある美しい人工歯は保険治療の素材では引き出すことはできません。特に前歯はとても目立つ部位であり、セラミックによる美しい歯は笑顔に自信を持つことができます。

また天然歯に近い自然な仕上がりのため、周りの歯の色とも馴染みが良いのも審美性に優れた特徴の一つです。銀歯は丈夫で強度に優れていますが、見た目が悪く審美面において大きなデメリットがある治療です。

歯の根や対合の歯に負担がかかりにくい

セラミックは見た目だけでなく強度にも優れています。銀歯は強度が強すぎるため、噛むたびに歯の根に負担がかかり、歯の根が割れてしまうことがあります。
また強度が強すぎるため対合の歯を痛める可能性があります。セラミックは強度に優れていますが歯の根や対合の歯を痛める心配がほとんどありません

劣化しにくい素材のため、美しさが持続する

セラミックは白く美しいだけでなく、汚れが付きにくいというメリットを持ち合わせています。そのためレジンのように黄ばむ心配がなく、ほとんど変色しません。また耐久性にも優れているためすり減ることもなく美しさが長持ちしやすい素材です。

保険適用素材のレジンは審美性に関してはそれほど悪くありません。しかしプラスチック素材のため年数が経つにつれてだんだん黄ばんできます。また銀歯は歯とセメントの接着性が悪く、どうしても隙間が生じます。そこから銀イオンが流れ出すことで少しずつ腐食して劣化します。

メタルフリーのため体にも優しい

セラミック治療の中でもオールセラミックやジルコニアクラウンなどは金属を一切使いません。そのため金属による影響が出ることはなく、体にとってとても優しい素材です。保険治療ではプラスチックおよび金属素材を使った治療になり、銀歯と呼ばれる金属素材は一般的に詰め物や被せ物などの治療で使われます。

銀歯の素材は「金銀パラジウム合金」から作られており、この成分により金属アレルギーを引き起こす可能性があります。金属アレルギーとはネックレスや指輪などの貴金属を身に付けることで皮膚にかゆみや赤みなどが出る症状ですが、もし金属アレルギーの方が銀歯をつけると、口腔内の粘膜が荒れて口内炎ができるなどの症状のほかにも皮膚のかゆみや発疹など、全身に症状が現れることがあります。

また神経の治療後、金属の土台(メタルコア)を使うことも金属アレルギーをお持ちの方には症状が出る可能性があります。このように、歯科素材による金属アレルギーが問題視される中、セラミック治療は金属を一切使用しない素材のため、金属アレルギーの症状を引き起こす心配はまずありません。土台もメタルコアではなく、グラスファイバーコアという素材を使用します。このように、セラミック治療はメタルフリー治療のため体にとても優しい治療法なのです。

メタルタトゥーの心配がない

保険適用の前歯は表側が白いプラスチック、その他の部分は金属で作られており、土台も金属のメタルコアが使われることがほとんどです。表側は白いプラスチックのため一見すると綺麗な歯に見えますが、年数が経つにつれ中の金属や土台が劣化し、イオン化した金属が溶け出します。

溶け出した金属は歯ぐきの黒ずみを引き起こし、歯と歯ぐきとの境目が黒っぽくなってしまいます。この状態を「メタルタトゥー」と言い、見た目に影響を与えます。セラミックは金属を一切使わず歯ぐきの黒ずみを引き起こしません、また土台はメタルコアではなく、ガラス繊維から作られているグラスファイバーコアを使うため、経年劣化による金属の溶け出しがなく、メタルタトゥーの心配がありません。

二次カリエスになりにくい

二次カリエスとは、詰め物や被せ物の内部で虫歯ができる症状です。金属素材の詰め物や被せ物は歯との密着性に劣り、どうしてもぴったりと密着しません。歯と金属の間に段差が生じてわずかな隙間から唾液が流れ込み、銀歯の下で虫歯菌が増殖します。

そのため虫歯が広がってしまう二次カリエスが生じやすくなることが、金属治療の大きなネックです。セラミック治療は歯と詰め物、被せ物との接着性がよく、ぴったりと密着するため唾液が入り込む隙間がほとんどありません。この密着のよさは二次カリエス予防に最適です。

またセラミックはプラークが付きにくいことも二次カリエスになりにくい要因です。二次カリエスは繰り返すたびに再治療となり、最終的には歯を失う結果となってしまいます。大切な歯を残すためには二次カリエスにならないこと。その予防策としてセラミック治療は大きな役割を果たします。

歯と歯の隙間を埋めることができる

歯と歯の間に隙間があることで見た目のコンプレックスを抱える方にとって、セラミック治療が有効です。ラミネートベニアと呼ばれる治療法で、薄く削ったセラミックを歯の表面に貼り付けることで隙間を埋めることが可能です。
歯を削る量もごく少量で済むため、リスクの少ない治療法と言えるでしょう。また簡易的な矯正治療を行うことも可能です。(ただし厳密に言うと歯列矯正ではなく、歯並びを整える治療のひとつです)

ホワイトニングでは白くならない歯も改善できる

歯を真っ白にするホワイトニングはとても人気を集めています。しかしホワイトニングでも白くならない歯があります。例えば神経が死んで根元が黒ずんでしまった歯や、テトラサイクリン系抗生物質の服用により歯がグレーっぽく変色した歯などは残念ながらホワイトニングではほとんど白くなりません。

このため歯を白くすることを諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。セラミック治療はこのような歯に対して審美的な美しさを手に入れることが可能です。また半永久的な白さが持続するため、定期的にオフィスホワイトニングを受けるよりは費用が抑えられるメリットもあります。

またラミネートベニアによる歯の色調改善も選択肢のひとつです。セラミックを被せるためにある程度歯を削るリスクは伴いますが、ホワイトニングでは効果がないと言われている方にとってセラミック治療は魅力のある治療法ではないでしょうか。

セラミック治療の種類について

ではセラミック治療の種類はどういったものがあるのかをご紹介いたします。


詰め物
(セラミックインレー)
詰め物(セラミックインレー)

臼歯部にできた浅い虫歯の場合、虫歯部分を削って詰め物(インレー)を詰めます。
小さなインレーでも金属素材のものは口を開けたときにどうしても目立ってしまいますが、セラミックインレーにすると 天然歯との境目がほとんどわかりません。


ラミネートベニア
ラミネートベニア

歯の表面をごく薄く削り、セラミックのシェルを歯の表面に貼り付けます。歯の色を白くしたい場合や歯の隙間を埋める治療で、自然な白さの歯を手に入れることができます。

被せ物(セラミッククラウン)

被せ物(セラミッククラウン)大きな虫歯の場合、歯の根を残して被せ物(クラウン)を被せます。虫歯を取り除き、痛んだ神経の治療を行ってから土台を立て、その上にクラウンを被せて噛む機能を回復させます。
セラミック治療なら審美性を考慮した土台とクラウンにより、白く透明感のある歯として回復することができます。

セラミックの種類と価格

e-max(オールセラミック)
院内技工室

オールセラミックとは、全てセラミックで作られており、自然な白さと透明感が美しい素材です。周りの歯の色調に合わせて作製するため違和感がありません。
耐久性も良く汚れが付く心配もほとんどありません。強度はジルコニアに比べるとやや劣るため、奥歯よりも前歯に適しています。
当クリニックでは1歯100,000円で提供しています。

セラミックインレー
院内技工室

セラミック素材を使ったインレーです。歯との馴染みがよく、強度にも優れています。
当クリニックでは1箇所70,000円で提供しています。その他セラミック治療の価格はお気軽に当クリニックへお尋ねください。

ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック

ジルコニアは人工ダイアモンドとも言われているくらい強度に優れた素材です。色は真っ白で、全てがジルコニアで作られたオールジルコニアはオールセラミックと比べると人工的な白さです。

ジルコニアセラミックは内側がジルコニア、表面にセラミックを使った素材で、セラミックを焼き付けることで自然な色調にすることができます。強度が非常に高いため、奥歯のクラウンに適しています。
また保険の銀歯のブリッジなどを審美性と強度に優れたジルコニアに交換することもできます。当クリニックでは1歯120,000円で提供しています。

その他セラミック治療の価格はお気軽に当クリニックへお尋ねください。
セラミック治療は美しさと機能性、そして歯と全身の健康を考えた治療法です。
銀歯でお悩みの方、笑顔を取り戻したい方はいちどセラミック治療を検討されてみてはいかがでしょうか。

診療のご予約・お問い合せはこちら0797-22-23000797-22-2300

芦屋MA歯科・矯正歯科
芦屋市松ノ内町2番3 エウルビル102

診療時間
09:30~15:00 × ×

※木曜のみ下記の診療時間になります
09:30~14:00/15:00~19:00
休診日:土曜、日曜、祝日