ドクターコラム

インビザラインのアタッチメントで気になること

2018年10月8日 (月)

【1】【そもそも】アタッチメントとは? アタッチメントは歯に着ける歯科用樹脂

インビザライン治療のページもご覧ください。
https://www.ashiya-dc.com/invisalign/

マウスピースを用いたインビザライン治療では、アタッチメントと呼ばれるパーツを使用することがあります。

マウスピース矯正の特徴などを歯科医院から説明される際には、基本的にマウスピースの取り外し方や口腔内における状態、治療期間などを歯医者から指示されることかと思いますが、場合によってアタッチメントを歯につける必要があることも事前に知っておくことが大切です。

では、そもそもマウスピースやアライナーを用いた歯並びの矯正で使われるアタッチメントとは、一体何なのでしょうか。

 

アタッチメントとは、歯の表面につける樹脂製のパーツで、アライナーだけで歯列矯正を行った場合よりも治療期間を短くする作用が期待できます。

あるいは、インビザラインに用いられるアライナーやマウスピースだけでは、目標とする場所へと歯を動かせない場合に、補助的なパーツとして歯面に装着します。

ですから、矯正治療をスムーズに進めていく上では、非常に有用な装置といえるでしょう。

 

インビザラインのアタッチメントをつけるよう促された場合は、今現在のお口の中の状態も考慮した上での提案ですので、歯科医院側の治療方針に従っても何ら問題はないといえます。

もちろん、インビザラインにおけるアタッチメントの特徴をしっかりと理解した上で、装着することが望ましいとはいえます。

 

 

 

【2】【気になる】アタッチメントして大丈夫?  痛くない?

 

さて、アタッチメントに関して気になる点といえば、そもそも歯の表面に設置しても大丈夫かどうかですよね。

というのも、一般的なアライナーやマウスピースでは、それだけを装着することで歯並びを良くする効果が期待できるわけで、わざわざアタッチメントという特別なパーツを付ける必要があるのか心配になってしまうのも不思議なことではありません。

どんな患者様であっても、初めてマウスピース治療におけるアタッチメントを提案されたら、同じことを感じるものです。

 

結論から申し上げますと、アタッチメントを設置することで、治療期間の短縮につながったり、より高い治療効果が得られたりします。

しかも、アタッチメントという装置を取り付ける前には、矯正歯科の歯医者からきちんとした説明がなされるため、いざ口に装着する段階になると、患者様の疑問点や不安点は解消されているものです。

 

それでも気になるのは、やはりアタッチメントの装着に伴う痛みですよね。

アタッチメントの特徴は頭で理解しているものの、実際に装着した状態で強い痛みを感じるようであれば、治療を継続できるか不安になるものです。

とはいえ、治療期間中に、痛みを我慢できなくなることはまずないといえます。

多少の痛みや違和感を生じることは珍しくありませんので、アタッチメントの装着をする診療の予約前に、その点についてはきちんと理解しておきましょう。

 

 

 

【3】目立たない?

 

アタッチメントの装着で気になることに、目立つか目立たないかというポイントも挙げられます。

せっかく歯並びの治療の中でも目立ちにくいマウスピースを選んでいるのですから、アタッチメントによって矯正装置が目立つようになると、わざわざアライナーを用いた矯正を選んだ意味がなくなってしまうからです。

ですから、患者様からしたら、アタッチメントによる痛みもそうですが、目立つかどうかも重要なポイントとなってきます。

 

とはいえ、インビザラインに使われるアタッチメントはアライナーと同じように樹脂で作られたパーツであるため、従来のワイヤー矯正におけるブラケットのように、明らかに目立つような部品ではありません。

ですので、歯にアタッチメントを装着したからといって、口の審美性が著しく低下することもないとお考えください。

ただ、全く目立たないかというと、そうでもありません。

 

やはり、歯の表面にパーツを装着するため、ある程度目立ちやすくなることは否めないのです。

ですから、アタッチメントの予約を入れる前に、治療期間中の審美性が多少は低下することを理解しておくことが大切です。

予約を入れる前に、矯正の歯医者からアタッチメントによる口元の審美性がどの程度低下するのかは、きちんと確認しておきましょう。

患者様の中には、お口の審美性に対してとても敏感な方もいらっしゃることでしょうから、そうした確認はとても大切なことといえます。

 

 

 

【4】汚れはつかない?

 

マウスピースを用いたインビザラインでは、歯列にぴったりのマウスピースやアライナーを装着しますので、適切なオーラルケアを行っていれば、汚れが付きやすいわけではありません。

そこにアタッチメントと呼ばれる装置を装着すると、汚れの付きやすさがどうなるのか気になりますよね。

例えば、マウスピースを常に装着していたり、食事の際に取り外し、その後ケアをせずにそのまま再装着したりすると、マウスピースやアライナーが汚れてしまいますが、そもそもそうしたアライナーの取り扱いはしてはいけないという注意事項を矯正の歯医者から受けるかと思いますので、基本的にマウスピースに汚れがたまっていくことはないといえます。

 

ただし、アタッチメントを付けるとなると話は変わってきます。

なぜなら、歯の表面にアタッチメントを設置するということは、歯面に凹凸が生じることを意味していますので、自然と汚れがつきやすくなります。

これはインビザラインでアタッチメントを利用する上での避けることのできない特徴といえます。

ですので、歯科医院でアタッチメントをつけてもらう際には、ブラッシングのコツや注意すべき事項について詳しく歯医者から聞いておくことをお勧めします。

 

 

 

【5】 【取れてしまった】アタッチメントが取れた時は?  取れてもすぐには支障なし

 

アタッチメントは基本的にしっかりと接着されていますので、そう簡単に歯の表面から外れることはありませんが、マウスピースの取り外しの際や、不適切な方法でブラッシングをしていると、脱落してしまうことあり得ますのでご注意ください。

とはいえ、アタッチメントが外れてしまって、すぐに支障がでるというわけではありませんので、ご安心ください。

 

アタッチメントが外れてしまって、とにかくすぐに歯科医院の予約を入れなければと焦る必要はないのです。

そうはいうものの、やはり、歯列矯正において必要なパーツであるアタッチメントが脱落した状態を長い間続けてしまうのは、治療期間が延長したり、痛みの原因になったり、あるいは食事の障害になったりすることもありますので、できるだけ早い段階で歯科を受診しましょう。

 

また、インビザラインでは食事の際にアライナーを取り外してご飯を食べることになりますが、アタッチメントを取り外してしまうと、矯正治療に支障を来すことになりますので、その点には十分注意しましょう。

また、アタッチメントによる口の痛みや、装着感の悪さがある場合は、遠慮なく矯正歯科の歯医者に相談してみてください。

もしかしたら装置に不具合があるかもしれませんし、改めて予約を入れて頂いて、装置やアタッチメントの調整を行うこともあります。

このように、アライナーやアタッチメントに関して気になることがあったら、すぐに歯医者に伝えることが大切です。

矯正歯科医であれば喜んで相談に乗ってくれるかと思います。

当院のマウスピース矯正インビザライン治療のページはこちら↓
https://www.ashiya-dc.com/invisalign/

==========
完全自由診療
芦屋の歯科・矯正歯科で評判多数
目立たないマウスピース(インビザライン)矯正
CT / マイクロスコープ / ラバーダム 完備の根管治療
芦屋MA歯科・矯正歯科
==========

カテゴリー: インビザライン

診療のご予約・お問い合せはこちら0797-22-23000797-22-2300

芦屋MA歯科・矯正歯科
芦屋市松ノ内町2番3 エウルビル102

診療時間
10:00~13:00 × × ×
15:00~17:00 × ×

※月・火・水曜の午後は下記の診療のみとなります。
 検診・クリーニング・ホワイトニング
※木曜は、19:00まで通常診療となります。
※土曜は、18:00まで通常診療となります。
休診日:金曜、土曜 午前、日曜、祝日