精密根管治療

神経にまで達してしまったむし歯でも、
抜歯することなく治療する

初期のむし歯なら、歯を削って詰め物を入れれば症状が改善されます。むし歯が神経にまで達してしまった場合、そのまま放置しておくと将来的に抜歯をするリスクが高まります。そういった症状の際に、抜歯することなく歯を残す治療が根管治療です。

熟練した歯科医師が最新マイクロスコープを
使用し、治療で抜かずに残せる歯か
診断いたします。

虫歯や歯周病が進行してしまい、抜歯という選択をしなければならなくなった場合、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用して高度な精密根管治療を行うことで、抜歯をせずに済む場合があります。抜歯の前に、精密根管治療で残せる歯かどうか診察を受けてみてはどうでしょうか。
当院では、セカンドオピニオンを受け付けております。通われている歯科医院で、主治医から重要な選択をしなければならない治療法や手術法を提示された際に、第三者の専門家の意見を聞くことで、納得して治療を受けれるよう、最先端の歯科用機器で診断し、ご納得いただけるようご説明をさせていただきます。お気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか

  • 以前、治療が完了したはずの歯が痛み出してきた
  • 原因不明の歯の痛みが長期間続いている
  • 虫歯が歯の神経付近まで進行しているが、自分の歯を残したまま治療したい

根管治療のメリット

  • 抜歯を回避
    抜歯を回避
  • 痛みから解放
    痛みから解放
  • 感覚センサー
    感覚センサー

治療の流れ

  • 1
    専用の器具を使って、歯の表面のむし歯部分を除去する

    専用の器具を使って、歯の表面のむし歯部分を除去する

  • 2

    根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴をあける

  • 3

    歯の根の感染した部分を除去し、必要があれば神経を取る処理をする

  • 4

    根管の先まで薬を詰めて、ばい菌が入らないように根管を封鎖する

  • 5

    詰め物・被せ物を取り付ける